ぐるりのいずみ

gurumpa.exblog.jp
ブログトップ

東寺 観智院 -京都 春のたび 3日目②-

だいぶ日が経ってしまったので、今さらではありますが・・・やっぱり書き残しておきたい。
京都のたび3日目、東寺から。

東寺の北大門を出て、通りの右側に『観智院』があります。
a0155452_23422845.jpg

『観智院』というのは、真言宗の勧学院。大学みたいなもの。

東寺の『観智院』は、春と秋のみ特別公開をしています。
今回、東寺に来たのは、この『観智院』に来たかったから。

入ってすぐに、力強くも、どこかユーモラスな阿吽の鬼瓦にお出迎えされました。
a0155452_23552984.jpga0155452_23554462.jpg


客殿の正面には、『五大の庭』と呼ばれる枯山水。
a0155452_2357927.jpg

空海が唐から日本への帰国の途中で海難に合った時に、海神に護られて帰還したという話を
表したものとか。
中央が遣唐船で、周囲には守護の竜神、神亀、鯱(シャチ)。
a0155452_072965.jpg

このシャチの造形が好きです。
枯山水は、抽象的で難解なイメージですが、こんなにわかりやすくてドラマッチックなお庭も
珍しい。

こちらは、『四方正面の庭』。
a0155452_0245145.jpg

どこから見ても正面、ということで、ぐるっと見て回ってみました。
a0155452_025422.jpga0155452_025586.jpg


客殿の奥、仏殿には、五大虚空蔵菩薩像がいらっしゃいます。
a0155452_117016.jpg

写真撮影禁止だったので、これはパンフレットを写したもの。
それぞれ、迦楼羅、孔雀、馬、象、獅子に鎮座ましましていらっしゃる。
なんか、楽しい。
隣には、愛染明王さんもいらしゃいました。

そして、さらに奥へ行くと
a0155452_1261414.jpg

一番奥にあるのが、茶室『楓泉観』。
a0155452_1284562.jpg

この茶室から見るお庭に、どうしても会いたかったのです。
a0155452_1341853.jpg

以前にこのお庭を訪れた時、不思議に私の琴線に触れて、お庭を眺めるうちに
涙が出てきて止まりませんでした。
a0155452_1352319.jpg

以来、このお庭は私の大切な場所です。
これからも、また、何度でも訪れたいお庭です。
ゆっくりと何時間でもいたい場所ですが、まだ行きたいお寺さんがあるので、
心残りはあれど、出発。

それにしても、何度みても、五重塔は素敵だなぁ。
a0155452_1405917.jpg


ちなみに、東寺の北面の堀にも、やっぱり亀さんが団体さんでいらっしゃいます。
a0155452_142149.jpg

亀って群れるの好きなんだろうかね。
[PR]
by simo_kuri | 2010-05-08 01:44 | 見る