ぐるりのいずみ

gurumpa.exblog.jp
ブログトップ

りんごのキャラメル煮

「秋になったらりんごを煮よう」
今年、いちごやキウイのジャムを作りながら、ずっとそう思っていました。

近くのスーパーに紅玉が売っていなくて、なかなか実現できずにいたのですが、
やっと紅玉を手に入れて、ウキウキです。

ジャムは何度か作ったことがありますが、今回は、キャラメル煮に挑戦。
よしながふみさんの「きのう何食べた?」の新刊に、りんごのキャラメル煮がでてたのです。

a0155452_1292080.jpg


りんごを用意したら、マンガをテキスト替わりにして、クッキング。
いやぁ、ほんと、「きのう何食べた?」が、優秀なレシピ本だよね。

a0155452_1321798.jpg


紅玉は、この紅さが美しい。
そのまま食べるなら、甘みが強くてシャキっと感のある、ふじが好きだけど、
加工するなら断然、紅玉がいい。
この酸味と香りがいいんだよねー。

a0155452_1382932.jpg


りんごは、シロさんのレシピ通りに、皮のまま薄切り。

a0155452_1392883.jpg


次は、砂糖をカラメルに。
お鍋で砂糖をぐつぐつ煮溶かして、焦がしていきます。
が、ここで早速失敗。
砂糖の塊がなかなか溶けないから、うっかりヘラでつぶしてまぜたのがいけなかった・・・

密度の濃い砂糖って、ヘラで衝撃与えたりすると、結晶化してしまうんですよね。
まぜればまぜるほど、結晶化したつぶつぶができてしまう事態に。

むむぅ。。
そういえば、昔この原理を使って、ピーナッツの砂糖がけを作ったことがあったっけ。
すっかり忘れてたよ。
仕方がないので、水を入れて、シロップにしてしまって、これは他の料理に転用。

仕切り直して、今度は、ちゃんとカラメルになりました。

a0155452_1451091.jpg


レシピでは、「かなりこげ茶色に 焦げてくるまで 辛抱してから リンゴを入れて」
って書いてあるけど、どこまで辛抱すればいいんだ??
もう、色だけじゃなくて、香りもけっこう焦げっぽいけど、大丈夫か?

カラメルは、油断するとすーぐ、ただのこげこげになってしまうから、心配です。

a0155452_1502433.jpg


我慢できなくて、リンゴを投入。
混ぜると、カラメルが冷えて、すぐ固まってしまいます。

a0155452_1525023.jpg


そのまま、ぐつぐつしていると、だんだんりんごから水分がでてきて、
次第にしんなりしてきます。
固まっていたカラメルも、溶けてきていい感じです。

a0155452_1552577.jpg


全体がくったりして、カラメル色に染まったら、出来上がり。

食べてみると、ん、色の割りに意外と苦くない。
むしろ、もっと苦みが効いていてもいいかも。

a0155452_1582351.jpg


ケンジがやっていたように、バニラアイスをのっけてみました。
あぁ、これは、うまい! 王道だなぁ。

灰汁取りがない分、ジャム作るよりお手軽だし、これはまた作ってみよう。
[PR]
by simo_kuri | 2010-11-11 02:03 | 作る