ぐるりのいずみ

gurumpa.exblog.jp
ブログトップ

クルミごはん

去年、岩手の道の駅で買ってきたオニグルミで、あこがれのくるみごはんを作りました。

五十嵐大介さんの『リトル・フォレスト』で、いち子ちゃんが作るくるみごはんが美味しそうで、
ずっと作ってみたいと思っていたのです。

a0155452_0161960.jpg


でも、ローストされた洋くるみはあっても、殻付きのくるみはあんまり売ってないし、
あこがれは募る一方・・

で、今回念願のオニグルミお手に入れて、ようやく実現しました。

a0155452_23524659.jpg


これが、オニグルミ。
よく知られている洋くるみよりも、一回りほど小さく、頭がとんがっています。

作り方は、くるみをすりつぶして、しょう油とお酒と一緒に米を炊くというカンタンなもの。
ですが・・、すりつぶすまでが大変。

オニグルミはとーっても固い。
よくあるクルミ割り器や、ペンチでも、なかなか割れない(らしい)。
いち子ちゃんは、タオルにくるんでトンカチで割ってましたが、ウチにはトンカチがないので、
割り方をネットで検索してみました。

すると、専用のくるみ割り器(ペンチとスプーンが混じったようなの)を使うか、
殻ごと炒って、割れ目ができた所に、包丁の刃をいれてひねる方法がある、とのこと。

炒ってから割る方法でやってみることにしました。

a0155452_04739.jpg


フライパンで炒っていくと

a0155452_044794.jpg


ぴっちり閉じていた殻の割れ目が少し広がります。
この割れ目に、包丁の刃(先の方じゃなくて、腹の辺りがよいみたい)を入れて、横にひねると、

a0155452_06058.jpga0155452_08024.jpg


パカンと割れます。
おぉっ、これは結構面白い。力もそんなに要らないし。

ただ、中には割れ目ができない実もあって、それは、どうやっても割ることができない・・
無理やり包丁の刃を入れこもうとしたけど、歯が立たず。
包丁の方が欠けてしまいそうだったので、割れ目ができないものは諦めました。
これは別途、トンカチかなぁ。

割れたら、あとは実をほじくり出します。
実と殻が複雑な形をしているので、綺麗に取れないなくて、実がボロボロになってしまうけど、
この後すりつぶすのだから、問題なし。

a0155452_0142450.jpg


炊く前は、こんな様子。
うーん、あまり美味しそうには見えない。
でも、炊き始めると、くるみの香ばしい匂いが、ぷーんと漂ってくる。

炊きあがり。

a0155452_0233240.jpg


見た目は地味ですが、くるみの香りとふんわりかすかに甘くてコクがある。

a0155452_0241645.jpg


一口、二口と食べすすめる毎に、味わい深さが増して、これはクセになる味だ。

殻をむくのは大変だけど、オニグルミ、また手に入れて作ってみたいな。
[PR]
by simo_kuri | 2011-01-14 00:27 | 作る