ぐるりのいずみ

gurumpa.exblog.jp
ブログトップ

吉里

豪華ランチを食べよう!
と友人AちゃんとMさんと3人で、千駄木の『吉里(きり)』さんを訪れました。

前に一度行こうとしたけど、満席で入れなかったので、今回は抜かりなく予約を入れて行きました。

黒板塀に、引戸を開けると、白い砂利道。
敷居の高さを感じて、尻込みしそうになりますが、メニューを見ると、目が飛び出るような
お値段ってわけでもないので、ドキドキしながら、建物の中へ。

玄関先から見えた中の様子は、畳に座布団の座敷席だと思っていたら、案内された2階の席は、
畳ではあるけれど、テーブルと椅子席。
椅子の方が足もらくでよいけれど、畳に椅子を置くのは何となく気が引けるなぁ。

民家を改装したとのことですが、外観から受けた印象とは裏腹に、どことなく生活感が
ただよっています。
高級料亭というよりは、いいトコの古いお家におよばれした、という感じ。

さて、お料理の方は、鰻、せいろ蒸し、お刺身や天ぷらの御膳・・と色々。
どれにするか、迷う・・・・

まず出てきたのは、牛タン味噌焼き。

a0155452_1291442.jpg


肉厚です。
3人でシェアしたらあっと言う間だったよ。

そして、メインは、「白黒焼き」。

a0155452_1292538.jpg


半尾は蒲焼、半尾は白焼き、というよくばり仕様。
関東風と関西風と選べたので、関西風をお願いしました。
東京だと、関西風の鰻が食べれるとこ、少ないからね。

注文を受けてから焼いているので、メインが出てくるまで、結構時間がかかります。
午後の陽が射し込む部屋で、骨せんべいをかじりつつ、ゆったりと鰻を待つ、というのも
なかなかいいものです。
ただ、せっかちな人や、後に予定が詰まっている人には、オススメできないかも。

a0155452_1294685.jpga0155452_1295518.jpg


関西風は、直焼きしてるので、身がぷりぷり。
歯応えがあって、鰻の力強い味がする。うまー!

AちゃんもMさんも西日本の出身だから、関西風のがなじみがあるらしい。
関西風は、やっぱり美味しいなぁ、とご満悦。

白黒焼きの定食は、3150円。
ランチにしては高いけれど、鰻の味とゆったりした雰囲気を考えれば、おトクなもの。

関西風の鰻が食べたくなったら、また行こうっと。
[PR]
by simo_kuri | 2012-03-22 01:28 | 食べる