ぐるりのいずみ

gurumpa.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

織物工房 le poilu

藍染通りのほど近く。
『丁子屋』さんのお向かいに、『織物工房 le poilu』さんがあります。
a0155452_1522676.jpg

織物作家のミヤさんと店長のキュウ太氏がいる温かなお店です。

ミヤさんは、文化女子大学で織物を専攻して、織物の魅力を伝えたいという想いで
谷中に、工房兼ショップを開いたそうです。
オープンしたのは2009年4月。もうすぐ一周年ですね。

前から気になっていたものの、何となくいつも外から眺めるだけでしたが、
先日初めて店内におじゃましました。
お家への帰り道で、18時過ぎだったので、すでに辺りは暗くなっていました。
a0155452_203791.jpga0155452_21361.jpg

「ちょっと寒いなぁ」と思いながら歩いていると、
『le poilu』にほんわか明かりが灯っているのを見つけて、思い切って入ってみることにしました。
ドアが開くと、キュウ太店長が奥から走って来て出迎えてくれました。
a0155452_26036.jpg

キュウ太店長は、ボストンテリア。
お店のロゴにも店長のお顔なんです。
店内にお客さんがいなかったので、自由に放してもらっていたようです。
私が来たおかげで、ミヤさんの織り機の近くにつながれてしまい、ちょっとふて寝。

少し店内を見て回っていたら、ミヤさんはストールを織る手を止めて、丁寧に織物の事を
お話してくれました。
私も、ここ2、3年、冬場になると編み物にはまっていたので、織物にも興味があり、
色々質問して、何だか社会科見学みたいでした。
少し、ミヤさんにお願いして、織っている所も見せてもらいました。
私の織物のイメージは、「スパーン、カンッ、スパーン、カンッ」でしたが、
ミヤさんの織る姿は、もっと静かで丁寧で、やさしい。
着物の反物を織るような場合は、「スパーン、カンッ」っていうリズムが大事だけど、
ミヤさんが織るような柔らかい織物は、やさしく織るのだとか。
考えたら、編み物も同じですが、伝統工芸で見るような機織りのイメージが強かったので、
新鮮でした。

ミヤさんの話を聞いているうちに、自分でもストールが欲しくなって、オーダーしてしまいました。
春らしいあたたかな雰囲気のストールになるはず。

オーダーしたストールとは別に、お店で売っているエコブロックをいただきました。
a0155452_2273511.jpg

以前に、『COUZT CAFE 藍い月』さんでパンフレットを見かけたことがあり、
「よいなぁ」と思っていたんです。
『le poilu』オリジナルの焼き印付きです。
ミヤさんいわく、「キュウ太ファンの方が買われることが多いんです」。
私もその一人だろうか。

お会計の時、レジの上に、不思議な生き物を発見。
a0155452_2334297.jpg

「これは、アルパカですか?」と訊くと、
「le poilu なんです」との答え。
『le poilu』は、フランス語で「もじゃもじゃ」の意味。
織物の糸のもじゃもじゃぽわぽわのイメージで付けたけれど、よく意味を聞かれるので、
「こんなイメージ!」を伝えるために、レジに置いているのだとか。
ちなみに、「ドイツ語かイタリア語では胸毛って意味らしいんです」とも教えてくれました。
ん・・・たしかにもじゃもじゃだ・・・

オーダーしたストールは、出来上がりまでには、2週間ほどかかるそうですが、待ち遠しい・・
『le poilu』さんでは、織物教室も開いているそうです。
今度やってみようかなぁ。
[PR]
by simo_kuri | 2010-03-31 02:42 | 学ぶ

武士道シックスティーン

誉田哲也さんの『武士道シックスティーン』を読みました。
a0155452_1355839.jpg

自分の事しか見えてなかった中・高校時代。
思い出すと恥ずかしくて懐かしくて胸がきゅうっとなる。
香織と早苗の姿に自分や友人たちを重ねて、色んな思いが浮かんできました。

私は、中学・高校と私立の女子高に通い、部活でバスケをやっていました。
中学の部活コーチは、近くの大学から来た大学生の男のコーチ。
ちょうど、自分たちの代になった年に、コーチが変わり、私たちは今までのコーチとの違いに
違和感を感じ、反発してばかりでした。
いずれも中学受験を経てきた14歳。
頭も口もそれなりに達者だったので、あからさまに刃向ったり、ボイコットしたりするのではなく、
みんなで話し合って、コーチに要望書のような最後通牒のようなものをつきつけたことが
ありました(さすがに文書にはしませんでしたが、そのようなものを)。

結局のところ、どういう結論で落ち着いたのか、忘れてしまったのですが、
練習も中止してコーチと話し合いをしたシーンははっきり覚えています。

今思えば、社会人でも先生志望でもなく、サークルでバスケをしている
二十歳そこそこの学生だったのに、よく、まぁ、あんな頭でっかちな小娘たちを
受け止めてくれたものだ、と、尊敬と感謝の念に堪えません。
本当に、自分が大学生になり、当時のコーチと同じ年になり、さらには社会人になって、
中学時代を振り返って初めて、コーチに度量の大きさとありがたさに気付きました。

ちなみに、私たちが社会人になってから、一度だけコーチを呼んで飲み会をしたことがあります。
そこで私たちは、改めてコーチに謝りました。
コーチは笑って、「別にいいんだよ」と言ってくれました。
「みんなまじめに考えてたんだから」と。

そう、確かにあの頃、生意気で、自分が考えることは正しいって思い込でて、
周りが見えてなくって、青かったけれど、それでも、真剣だったことは本当です。
例え、それが傍から見れば、小さくでどうでもいいことでも。
それは、決して無駄なことではなかったと思っています。

そうそう、『武士道シックスティーン』は『武士道セブンティーン』『武士道エイティーン』と
続編があるのですよね。
この先、香織と早苗がどんな風に成長していくのか、楽しみです。
[PR]
by simo_kuri | 2010-03-30 01:36 | 読む

春の隅田川

この週末は少々遊びすぎました^^;
金曜の夜から門前仲町と豊洲で飲み会続き。
明け方まで友達の家で飲んでいたので、昼間はぐうぐう寝てしまいました。
起きたら夕方近く。
こういう飲み会は楽しくて好きですが、翌日がつぶれてしまうので、
もったいない気もしてしまう。

門仲からの帰り、隅田川に架かる隅田川大橋から川下と見るとライトアップされた
永代橋が見えました。
a0155452_23201784.jpg

ちょうど、屋形船が通る所だったので、思わずパチリ。
桜の咲くこの時期、隅田川は花見客を乗せた屋形船で賑わいます。
ちなみに、通り過ぎた屋形船は、品川の船宿『船清』さんでした。
私も2回ほど乗ったことがありますが、お料理も接客も気持ちのいい、お勧めの船宿さんです。
数年前に放送されていた、キリン一番搾りのCMで使われていた船宿は何を隠そう『船清』さん。
でも、CMで使われるのも納得の船宿さんでした。
『船清』さんは、貸切だけではなく乗合でも利用できるので、少人数でも大丈夫です。
お値段はそれなりにしますが、お料理ともてなしと船から見える景色で十分に満足でした。
今年の夏、また行きたいなぁ。

2日間、飲んでばかりだったので、夕ご飯は野菜多目にしました。
a0155452_0213947.jpg

といっても、冷蔵庫の残りものばかりですが。
ブロッコリーのゆでたのに、豆腐ときゅうりの梅ゴマ和え、湯葉丼に茄子のお味噌汁。
体がほっとするのがわかります。
気持ちも体もほどけたところで、お休みなさい。
[PR]
by simo_kuri | 2010-03-29 00:21 | 遊ぶ

サクラサク

東京では先週末に桜の開花宣言が出されました。
a0155452_0274633.jpg

ここ数日は寒さが戻って来ていますが、それでも日々膨らむつぼみに
目元がゆるみます。
a0155452_030109.jpg

花が開いてからの桜はもちろん好きですが、花が咲く前のつぼみのついた
枝ぶりを見るもの好きです。
枝先がうっすらとピンクがかって、来たるべき時に期待がふくらみます。

a0155452_0325264.jpga0155452_0294648.jpg


それにしても、この時期、街中には桜グッズがあふれています。
コンビニに入っても、桜風味のお菓子や飲み物がズラリ。
雑貨でも文房具でも、桜模様のものが目に付きます。
「何でも桜ってつければいいってもんじゃないぜ!」などと思いつつも、
やっぱり手にとってしまうのは、日本人だからでしょうか。

最近買ってしまったのは、『夕香亭』の桜茶とさくらのお砂糖。
a0155452_0351944.jpg

それから、さくらリキュールの素。
a0155452_0353834.jpg

さくらリキュールは、ビンに氷砂糖、桜の花、ハーブ、パインなどが
入っていて、20度以上の焼酎かスピリットを注ぐだけ。
氷砂糖が溶けたら飲めるようになります。

お家に帰って、早速桜茶をいただきました。
『むさしや』さんの桜餅も一緒に。
a0155452_0382957.jpg


さくらリキュールは、黒糖焼酎を入れて、ただいま熟成中。
入れてすぐに、うっすらピンク色に。
a0155452_042261.jpga0155452_0424290.jpg

楽しーい。
これは、お花見の時に飲もうっと。
[PR]
by simo_kuri | 2010-03-26 00:46 | 買う

atelier de florentina

へび道の『プチ・パリ・ヤナカ』に今年2月にオープンした
フロランタンの専門店『atelier de florentina』さん。
連休中に、絶対に行こうと決めていました。
a0155452_23365211.jpg

もっと前にオープンしていたのは知っていたのですが、
週末に何かと用事が入っていて、なかなか訪問できませんでした。
一回夕方に行ったら、すでに店じまいされた後で「次こそは!」と思っていました。

ちょっとドキドキしながら、お店に入るとを、香ばしい匂いが漂っていました。
ちょうど、焼きあがった所だったようです。

かごに並んでいたのは、6種類のフロランタン。
プレーン、ライト、黒ゴマ&そばの実、ココア&ヘーゼル、シトラス、マクロビ。
どれにするか迷ったのですが、結局、マクロビ以外の5種類を一個ずつ頂きました。
a0155452_23384324.jpg

気に入ったのは、黒ゴマ&そばの実。
香ばしさとつぶつぶの食感が楽しいんです。

少し小さめに切ってあるのも食べやすくていいですね。
フロランタンって、基本はナッツとアメだから、かじったり割ったりしにくいし、
大きいの一個だと、ちょっとお腹に重い時があるんですよね。
でも、ここのフロランタンは、一口サイズでパクッと食べられるのが嬉しい。

通ってしまうなぁ、これは。
[PR]
by simo_kuri | 2010-03-24 23:48 | 食べる

群言堂 & シマシマヤトーキョー

上野は桜木町、『護国院大黒天』のお向かいにあるお店。
『群言堂』さん。
a0155452_23484696.jpga0155452_23485929.jpg

『群言堂』さんは、島根県太田市、石見銀山に本社を置く
『石見銀山生活文化研究所』の直営店。
「復古創新」をテーマに素朴な服や雑貨を製作・販売しています。

お店の中には、優しい風合いの洋服がたくさんありました。
春っぽいストールやカットソーに、ステキなものがあったのですが、
ふらっと買うには少しお高い。

お店をぐるっとまわって、今回は、旨味噌とおすそわけ袋を購入。
おすそわけ袋っていうコンセプトが好きです。
a0155452_23505676.jpga0155452_23512241.jpg


ほんとは、ペーパー和ふきんも欲しくて、結構悩みました。
二十四節気をちなんだ柄をペーパーナプキンにプリントしてあるのです。
a0155452_23515460.jpg

原画は芋版で作ったそうで、自然なかすれ具合も味がある。
渋めの色合いも好き。
実は、2~3日前に、品川のecuteでちょうどこの和ふきんを見つけていて、
群言堂さんのものとは知らなかったのですが、その時も買うか迷ったんですよね。

結局買わなかったのは、使う時期が限定されてしまうので、
ちゃんと使いこなせない気がしたから。
コンセプトはとても好きなんですが。
何種類かを少量ずつセットにしたものがあったらよいのにな。

お会計の時、群言堂さんのフライヤーと一緒に『シマシマヤトーキョー』さんの
直売会のハガキをいただきました。
この三連休に、言問通りの『工房・ギャラリー やぶさいそうすけ』で直売会を
やっているとのことで、『群言堂』のお店の方も、少し前の訪問されたとのこと。
「是非行ってみてください」とハガキに『群言堂』のハンコも押してオススメされたので
帰り道に寄ってみました。

『シマシマヤトーキョー』さんは、「食べる」空間をよりたのしくゆたかなものに、
というテーマで、台所や食卓で使う道具を販売していらっしゃいます。

面取りコーヒーカップとか欲しかったのですが、値段とお家の食器棚のスペースを
考えて断念。
a0155452_235329.jpg

でも、ちっちゃい片口を見つけてしまい、思わず買ってしまいました。
片口って、なぜかとても心惹かれてしまうのです。
これに黒蜜入れて、くずきりに添えたらいい感じだろうなぁ。
思わぬ所でよい買い物をしました♪

a0155452_23542540.jpg

お家に帰ってから、旨味噌できゅうりをいただきました。
ピリッと辛みが効いて美味しいかったです(^-^)
おつまみに使えるねぇ、これは。
[PR]
by simo_kuri | 2010-03-23 23:55 | 買う

ながれのかばんや えいえもん

3連休は天気大荒れと聞いていたのに、晴れが続いていました。
風は強かったですが、昼間は陽がさしてぽかぽか陽気。
お彼岸とも相まって、谷根千はいつもよりお散歩人口が高かったです。

土曜日の昼下がり。
前夜の夜更かしのため、午前中をお家でだらだら、ごろごろ過ごしてしまい、
出掛ける支度ができたのは、ランチタイムも過ぎた頃。
ちゃんとご飯だと、すぐ日が暮れてしまいそうだったので、へび道の『旅ベーグル』さんで
食糧を確保。

もぐもぐしながら根津方面に歩いていくと、藍染通りで『ながれのかばんや えいえもん』さん
に会いました。
a0155452_22425428.jpg

かわいい売り子さんもお手伝いをしていました。
えいえもんさんのフライヤーを渡してくれたり、商品の説明をしてくれたり。
風が強い日だったので、飛ばないように商品を押さえたり、飛んでしまったものを集めたり。
「写真を撮ってもいいですか?」と聞いたら、かわいく並んでくれました。

えいえもんさんは、谷根千界隈を自転車で移動しながら、手作りのかばんを販売している
ながれのかばんやさん。
寒風吹きすさぶ冬にも、熱い日差しの夏にも、自転車一つで谷根千界隈を巡っています。
今までもお散歩中に何度も見かけていましたが、お話するのは、今回が初めて。
「高島一徹堂 山内 栄衛門」という武士のような名前とはうらはらに、おっとりとした
かわいらしい女性でした。
a0155452_2244695.jpga0155452_22442465.jpg

今回は、かたつむり模様のブックカバーを買いました。
このかたつむりは、えいえもんさんのロゴみたい。
移動販売している自転車も、『えいえもん号』というのです。
a0155452_2243729.jpg

前輪のかぜよけにも、かたつむりが。

売り子シスターズにもらったフライヤー、ひとつは、えいえもんさんお手製の谷根千マップ。
a0155452_22432596.jpg

イラストもコメントもステキ。
えいえもんさんの人柄がにじみでています。

もうひとつは、イベントのお知らせ。
その名も『ながしの乙女。』 フライヤーも乙女に桜色。
a0155452_22433744.jpg

自転車で移動販売をする乙女の行商人たちが、谷根千に集合するのです。
『七人の侍』ならぬ、『七人の乙女』。
4月4日なので、このまま行くとちょうど桜が楽しめそうです。
晴れるとよいなぁ。
[PR]
by simo_kuri | 2010-03-22 23:53 | 買う

結婚式 二次会 & サークル呑み

昨日は、サークルの先輩の結婚式でした。
懐かしいメンバーにたくさん会えて、楽しくてはしゃぎまくり。
バスケサークルでしたが、バスケ後の一杯のためにバスケしているようなサークル
だったので、集まるとみんな飲む、飲む!
「会うの何年ぶり?」って人も多かったのに、話し始めると昔と全然変わらない。
それでも、新郎の先輩を始め、それぞれ結婚したり、子どもができたりしていて、
「みんな、大人になってくのねぇ」と感慨深いです。

当然、二次会じゃ飲み足りなくて、そのまま三次会へ。
さすがに、コールかけて一気したり、とかはなくなりましたが、はしゃぎすぎ、
笑いすぎで十分にうるさい。。。

最終的には、新郎・新婦も交えて、魚民でカラオケしながら飲むことに。
3時頃まで、全員で肩組んで大合唱しながら飲んでました^^;
気をつかわずに、ひたすら飲んで遊べる飲み会は久しぶりだったので、楽しかったー。

こういう飲み会、またしたいなぁ。
a0155452_13174367.jpg

[PR]
by simo_kuri | 2010-03-21 13:33 | 遊ぶ

ハタ クレパスラムネ

正確には、『ハタ クレパスラムネ』。
今日、お昼ごはんを買いに行った『QUEENS ISETAN』で見つけました。
a0155452_23382276.jpg

昔なつかし、サクラクレパスのパッケージのラムネです!

あか、きいろ、みどり、あお、ちゃいろ、しろの6色。
「もー、見るからに体に悪そうな色!」
って思って裏を見たら、天然色素を使っているようですね^^;
a0155452_052977.jpg

このパッケージの芸の細かさを見たら、「まだお昼休み」とか「家まで持ち帰るの重いよ」とか
「6本は要らんでしょう」とかはどうでもよくなってしまって、
買ってしまいました。
完全なるジャケ買いですね。

でも、ラムネ好きだからいいんだ。
味はパッケージに書いてないから、飲んでのお楽しみ。
ふふっ、どの色から飲もうかなぁ。
[PR]
by simo_kuri | 2010-03-20 00:14 | 買う

メモいぬ

母からプレゼントをもらいました。
『メモいぬ』です。
a0155452_1274327.jpg

リサイクルレザーでできた、メモたてです。
もともとはイモムシをイメージした『メモむし』という商品で、今回もらったのは、
その犬版。
他に、ネコやトラやクマのもあるようです。
イヌは、どことなくなさけない感じの顔をしている所が気に入っています。

折りたたんだ革の間に、紙をたてて、メモたてとして使えます。
a0155452_1314455.jpg

頭とお尻の二つに分かれていて、回転できるようになっているので、
向きを変えると、ペン立てにもなるのです。

これ、自分で取り外せて、もっと長くつなげられたり、他の色のパーツと
組み合わせたりできると、もっとよいなぁ。

正直に言うと、お家であまりメモを立てる用事はないのです。
一人暮らしだし。
でも、ここの所、お仕事がぎうぎうなので、家に帰って、このイヌの顔を見ると、
ふっと心が和みます。

お母さん、ありがとうね。
[PR]
by simo_kuri | 2010-03-19 01:46 | 買う