ぐるりのいずみ

gurumpa.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

あめ細工吉原 ぷちリニューアルオープン

団子坂上の『あめ細工 吉原』さんが、ぷちリニューアルしました。

リニューアルオープンは7月14日だったのですが、行く時間がとれなくて、24日の閉店間際に
ちょこっと行ってきました。

a0155452_0523034.jpg


店内のディスプレイが大きく変わっていました。

a0155452_0551299.jpga0155452_0552473.jpg


定番の棒付き飴細工に加えて、くだものの味つきの個性派ぺろぺろキャンディが登場!
吉原さんの一番弟子、加藤さんが「せっかくだから、ほかでは見たことないものを!」と
力をいれて作っています。
特に、一番奥に置いてあった、不思議な風貌のおじさん。
かわいいのか、不気味なのか・・・??
でも、目が離せない。

ちなみに、味は、ぶどう、いちご、ゆず(ほかにもあるのかしら?)。

友達に飴細工の話をすると、よく聞かれるのが、
「食べれるの?」と「美味しいの?」
だったりします。

あめ細工は、砂糖が多いとべたべたと溶けやすくなったり、添加物を入れるとうまく固まらなくなったり
する、と以前、吉原さんに聞いたことがあります。
なので、あめ細工の飴には、果物などの味をつけたりできないのだ、と。
シンプルでやさしいあめの味、私は好きですが、確かに、味だけで勝負するには物足りないものかもしれません。
それは、とても残念なことですが。
できることなら、
「あめ細工は、造形や作るプロセスだけじゃなくて、味もいいの!!」
と胸をはって言えるようになりたい。

そう常々思っていたので、リニューアルで登場したぺろぺろキャンディーは、新しいあめ細工の魅力を
みせてくれるようで、うれしい限りです。


a0155452_1244691.jpga0155452_1245562.jpg


ぺろぺろキャンディーの他にも、有平糖細工の「結び飴」や、今年の不忍ブックストリートで登場した
「本の飴」も定番化されています。
こちらは、キャラメル、マスカット、いちご(だったか?もしや桃?)の3種類。


そして、もちろん、あめぴょんも作ってもらいました。
今回は、夏らしく。

a0155452_131152.jpga0155452_1311140.jpg


テーマは「ぼくのなつやすみ」。
元気に虫とりに出かけるあめぴょんです。
もう、すっかり夏休みだねぇ。
いいなぁ、私も夏休みとりたいなぁ。

あ、あと、加藤さん力作のぺろぺろキャンディーもいただきました。

a0155452_1345642.jpg


はではでトリさんです。
うーん、このトリも、かわいい目のわりに、どこかコワイ。
後ろを向いたすきに、つついてきそうだ。
こういうキャラクターをどこかで見たことがある気がする・・・・
ちなみに、これはゆず味。

なんだか、とさかがお気に入り。

a0155452_1372744.jpg

[PR]
by simo_kuri | 2010-07-28 01:38 | 買う

夕ぐれどき

先週から怒涛のごとくにお仕事が続いています。
20時間労働位のサイクルで過ごしているので、昼夜の感覚がおかしくなってきました(>_<)

a0155452_0203113.jpg


家に帰ると、ベランダにいる朝顔もほおずきも、しおれてだらんとしています。
「ごめんね」と毎回謝りながら、水をあげています。


今週は写真をとる余裕もネットを見るひまもありませんでした。
なので、この写真は先々週のもの。

a0155452_0231195.jpg


夕暮れどきのピンクと空色の混じった空が好きです。
こういう空の時は、高層ビル群も悪くないなぁと、思ったりします。
[PR]
by simo_kuri | 2010-07-26 00:32 | 見る

蓮華 @不忍池

上野の不忍池の蓮が、花を咲かせている頃だと知って、先週の土曜日に早起きして見に行きました。

梅雨明けの梅雨明けの朝は、まだ7時だというのに、すでに夏の日差し。
『旅ベーグル』さんで調達した朝ごはんをもぐもぐしながら池之端を目指して歩きます。
むむぅ、じわじわと暑い。

a0155452_1521477.jpga0155452_1531391.jpg


不忍池に着くと、見事なまでに緑のはっぱで覆われていました。

a0155452_1542639.jpg

「意外と花は少ないのかな?」と思いながら、弁天堂へ近づいていくと、朝陽を浴びて輝くばかりの花が。

a0155452_1562084.jpg

生い茂る大きな葉の間から、顔をのぞかせる薄紅の花。

a0155452_202176.jpga0155452_203636.jpg

いっぱいに花弁を広げた姿も、ふぅわりとこれから咲こうとする控えめな姿も、どちらも愛らしい。

a0155452_29796.jpga0155452_265762.jpg


蓮は、葉も花も大きくて形もくっきりはっきりしているけれど、おだやかな印象を与えるのは、
その色合いのせいでしょうか。

芯の強さを感じさせながらも、全体に白い薄物をかぶったようにやわらかな色は、
どこか神秘的で優雅。
蓮池の周囲では、流れる時間もゆったりとしている気がします。

a0155452_2194577.jpg


まるく膨らんだつぼみは、祈る姿にも似て・・
「泥より出でて泥に染まらず」というけれど、そんなこと知らなくても、単純に蓮の花は美しい。

西方浄土は蓮の池だと考えた昔の人の気持ちがわかる気がしました。
[PR]
by simo_kuri | 2010-07-20 02:24 | 見る

ほおずき千成り市 @ 駒込大観音 光源寺

先週の9日、10日は、団子坂上の光源寺、駒込大観音さんで、ほおずき市が開催されてました。

a0155452_2350294.jpg

1日目の金曜日は、あまりの大雨で行くのを断念したので、見事に晴れあがった土曜日、
勇んで行くことにしました。

境内には屋台がところ狭しと並んでいました。

a0155452_23574721.jpg

屋台とは言っても、いわゆるテキ屋さんではなく、地元のお手伝いさんや店主さんたちが出している
お店ばかり。
並んでいる品も、バラエティに富んで、フリーマーケットか骨董市のような雰囲気。

a0155452_0111067.jpg

谷中ボッサ』さんも出店されてました。

境内の奥では、人形劇も。

a0155452_0131932.jpg

入ってみたかったのですが、大人ひとりで入るのには、少し勇気が足りず・・

鳥のペーパークラフト屋さんもありました。

a0155452_0151931.jpga0155452_0154282.jpg

穴澤郁雄さんというペーパークラフト作家さんでした。
ペーパークラフト好きにはたまらない。
こういうリアルな鳥のペーパークラフトってあまりないので、うれしい。
ウソとコルリのつがいセットをいただきました。

他にも、お祭りらしく、わたあめあり、焼き鳥あり、ビールあり、かき氷あり、ヨーヨーつりあり・・・
大人もこどももみんなで楽しめるお祭りです。
何より、地元の人がみんなで作っているという雰囲気が、あったかくてうれしい。

本堂の前は、小さなステージになっていて、ライブやパフォーマンスも奉納されます。

a0155452_028159.jpg

これは、大人のブラスバンド

a0155452_0283318.jpg

そして、ジャワ舞踊。

ふと見上げると、青空を背景にして、白いテントが風に翻っていました。

a0155452_038260.jpg

あまりにこの空間が幸せすぎて、泣きそうになってしまいました。
ここには、この土地と人を愛する気持ちでいっぱいです。

a0155452_0301835.jpg

続いては、鬼灯楽団の民族音楽。

a0155452_0313263.jpg


そして、『谷中ボッサ・カペラ』のアカペラ。

a0155452_0404961.jpga0155452_04148.jpg


メンバーのおひとりがアレンジしたという「ふるさと」がとてもすてきでした。
何だか胸にせまる。

そして、夕闇もせまってきました。

a0155452_0432590.jpg

提灯に灯りがともります。

そうそう、『あめ細工吉原』さんも出店されていました。

a0155452_0455934.jpg

次々と色々な動物を生み出していく、吉原さんの手元を、一心に見つめるこどもたち。
出来上がったあめを手にした時のこどもの笑顔は、こちらまで幸せになる位。
飴細工は、作っているのを見るもの好きだけど、それを見ているこどもたち見るのも好きです。

列に並んで待っている子どもたちに混じって、私も作ってもらいました。
今日は、吉原さんの一番弟子、加藤さんも来ていたので、「あめぴょんた」と、
縁日といえば! ということで、「ハブとマングース」。

a0155452_053145.jpg

「あめぴょん」は、『吉原』のマスコット的存在ですが、加藤さんの作る「あめぴょん」は、
吉原さんの作る「あめぴょん」とびみょーに違うので、「あめぴょんた」と呼んでいるそうです。
そして、「ハブとマングース」は、『えんにち奇想天外』という絵本に主人公の女の子が作ってもらって
いた飴細工。
ほんとに作ってもらえるとは思っていなかったので、すごくうれしい!
これだけでも、ほおずき市に行った価値があるというもの。

あ、もちろんほおずきも買って帰ってきました。

a0155452_0592432.jpg

今は、ベランダで朝顔と並んでいます。

一日で、四万六千日間のお参りと同じ功徳が得られるという「ほおずき市」。
ご利益があるとよいなぁ。
[PR]
by simo_kuri | 2010-07-12 23:59 | 遊ぶ

Happy Wedding!

今日は、大事な大事な友人Hの結婚パーティでした。

a0155452_23583494.jpg

心をつくしたパーティは、人とのつながりを大切にするHらしい、楽しい愛情のつまったものでした。
本当にたくさんの人に愛されているのだなぁと、嬉しくもあり、羨ましくもあり、誇らしくもあり。

来月には、だんな様と一緒にスペインへ旅立ってしまうH。
いつまでもお幸せに。
[PR]
by simo_kuri | 2010-07-11 23:59 | 遊ぶ

梅雨の晴れ間

昨日の大雨とはうってかわって、今日はお日様さんさんのあっつーい日でした。

a0155452_22305253.jpg

もう夏かと錯覚するほどの、青空。

a0155452_22281759.jpg

朝顔市で買ってきた鉢にも、元気に青い花が咲きました♪
やっぱり朝顔には、晴れた空が似合う。

初音の森の階段脇に生えている昼顔にも、つぼみがついていました。

a0155452_22452027.jpg

つぼみのほんのりとしたピンクが、初々しくて愛らしい。

暑さをこらえて、谷中霊園へ足を向けました。

a0155452_22481948.jpg

さくら並木は、緑の濃さを増した梢が日差しをさえぎって、過ごしやすい。
風が吹くとさわさわと葉が鳴って、耳にも涼しげ。
こころ洗われます。

こういう小さい楽しみがあるから、お散歩はやめられないなぁ。
[PR]
by simo_kuri | 2010-07-10 23:00 | 遊ぶ

キウイジャム

先月『itonowa』さんで買ってきたキウイとグレープフルーツのジャムが美味しさが忘れられず、
自分でも作ってみることにしました。

谷中ぎんざの八百屋さんで5個入り250円のパックを2つ。
1個50円て安い!

a0155452_2248502.jpg

全部で1キロ位?
『itonowa』さんに倣って、グレープフルーツも1個分いれてみました。

a0155452_2355120.jpg

うん、色合いさわやか!
砂糖は250gにしました。

作り始めたのが遅い時間だったので、砂糖をまぶしてから、30分位で煮始めました。

a0155452_2322433.jpg

ほんとは、もうちょっと水分が出てから出したかったのですが、まぁ仕方ない。

あとはひたすら、灰汁取り。

a0155452_23244932.jpg

いちごに比べたら、キウイの灰汁は少ないね。
ずっと火の前にいるのは熱いけど、無心に続けられる作業は好きです。
この地味な作業が、ジャムの美味しさにつながるのだと思うと嬉しい。

キウイはあまり煮詰めすぎない方がいいと聞いたので、まだまだ水分がある状態で、瓶づめ。

a0155452_2331542.jpg

味見をすると、いい具合に甘酸っぱい。
果肉のごろっと感と種のつぶつぶ感で、食感も楽しいです。

火が通ると、鮮やかさは落ちるものの、きれいな緑色で満足な出来上がり。
これ、ヨーグルトにかけたら旨いんだろうなぁ。
明日やってみよう♪
[PR]
by simo_kuri | 2010-07-09 23:38 | 作る

入谷朝顔まつり

今日は入谷の朝顔まつり、最終日。

a0155452_22494383.jpg

会社が早く終わったので、行ってみることにしました。

鴬谷の駅を出ると、朝顔模様の提灯が迎えてくれます。

a0155452_22545720.jpg

何だかワクワクします。

人の歩いていくのについて、言問通りにでると、はるか遠くまで続く露店と人の群れ。

a0155452_2311449.jpg

道の片側は、朝顔の露店。

a0155452_23124614.jpg

もう片側は美味しそうな匂いをふりまく食べ物などの露店。

こんなに大きなお祭なのだとは知りませんでした。
今年で62年目だとか。
朝の5時から11時まで開催されているそうです。
平日だというのに、この人出。すごいなぁ。
でも、人酔いしそう・・・(>_<)

せっかくなので、一鉢買って帰ろうと、朝顔を見てまわりますが、いっぱいありすぎて、
何がよいやら、わっからーん!

a0155452_2330497.jpg

夜だから当然、花は閉じてるしね。
花を見て選ぶなら、朝に来るのが正解なのでしょうな。
夕顔も売っていましたが、朝顔まつりに来たからには、やっぱり朝顔!

よくわからないので、お店のお姉さんに聞いて買ったのがこれ。

a0155452_23352222.jpg

「青い花が入っているのが欲しい」と言ってら、「残り少なくなっちゃったんだけど・・」と
選んでくれました。
青い花は、つぼみの時の色ではわからないので、青い花が咲いた鉢には、ブルーのテープをして
おくのだそうです。
一鉢2000円也。

そういえば、日暮里の駅にも近くの小学校の生徒が育てた朝顔の鉢が、ずらっと展示してありました。

a0155452_23432865.jpg

今も、小学一年生の夏休みの宿題は、朝顔の観察日記なんだろうか。

朝顔って、小学生の頃のイメージが強いからか、懐かしさを感じますよね。

a0155452_234147.jpg

我が家のこのつぼみは、きっと明日の朝咲くのだろうな。
楽しみ♪
[PR]
by simo_kuri | 2010-07-08 23:53 | 買う

ほぼ日Tシャツ & ブイヨンの気持ち

糸井重里さんの主宰する『ほぼ日刊イトイ新聞』で、Tシャツを買いました。

『ほぼ日』は、最近ちょくちょく見るようになったのですが、買い物をするのは初めてです。

a0155452_2259363.jpg

糸井さんが紹介する『吊り編み』のTシャツの話を見ていたら、無性に欲しくなってしまって・・

何度か販売しているほぼ日のTシャツ、今夏のテーマは『無地』。
素材は、「BEST STANDARD」と「CLASSIC」の二種類。

「BEST STANDARD」は、以前から使っている素材で、
「なめらかだけど、コシがある」という特徴から、「さぬきうどん」という愛称で呼ばれています。

「CLASSIC」は、今回初の素材で、世界中で和歌山にしか現存していないという「吊り編み機」で
作られた生地を使っています。
そのやわらかさ、ふんわりした手触りから、「ふわふわたまご」と命名されています。

見ていたら、どちらも触ってみたくて、欲しくなって、でも、ついこの間『Ubatama』さんで
Tシャツ買ったばかりだし、どうしようか・・・
と悩んで、とりあえず、一日考えてみてからにしよう!
と、思っていたら、翌日には、「BEST STANDARD」の方は、早々に「完売」の文字が。
全部が売り切れなわけではなかったけれど、欲しいサイズは、なくなっていました。

「これは、迷っているひまはなさそうだ」と少々焦り気味に、「ふわふわたまご」のTシャツを
買うことにしました。
でも、「さぬきうどん」もやっぱり欲しかったなぁと思いながら、他のコンテンツも見ていたら、
ブイヨンのTシャツを発見!!

ブイヨンは、糸井さんが飼っている犬の名前。
「気まぐれカメら」のコーナーによく登場しますが、それが、かわいいのですよ。

a0155452_22584143.jpg

思い切って一緒に購入することにしました。

それから、前から欲しいなぁと思っていた『ブイヨンの気持ち。』も。

a0155452_2324561.jpg

「気まぐれカメら」のブイヨンの写真を集めた本なのですが、よくあるペット自慢ではなくて、
ブイヨンへの愛情がたっぷりあふれていて、見ていて幸せになります。
犬と人が一緒に暮らす時の一つの理想形があるように思います。

さて、届いたTシャツ達、実際に触ってみると「さぬきうどん」と「ふわふわたまご」の
ネーミングに納得。
肌に心地よい、ほんとの「上質」。
幸せ気分です。
[PR]
by simo_kuri | 2010-07-04 23:39 | 買う

にこたま

最近お気に入りのマンガ、渡辺ペコさんの『にこたま』。

a0155452_8504960.jpg

交際9年同棲5年のアラサーカップル「あっちゃん」と「コーヘー」のお話。
結婚・妊娠・生活・仕事・・・三十路前に色々と揺れ動く二人の姿を描いた作品です。

結構シリアスな話だけど、渡辺ペコさんらしいお遊びやユーモアが散りばめられていて、
ちょいちょい笑わせられて、つらくならずにスルスルと読み進んでしまう。
重さと軽さのバランスがとってもリアル。
友達と交わしたなんてことない会話の中にも、密かに胸に刺さる言葉があったり、
ヘビーな状況にハマっている時にも、おまぬけで思わず吹きだしてしまうようなハプニングが
起こったりする。

ちょうど自分が「あっちゃん」と同じ年だがら、セリフにも設定にも「あぁ、そうだよねぇ」と
共感してしまうことも多くて、まさにツボです。

そして、読めば読むほどに小道具の使い方や伏線の張り方に「うーむ、うまいなぁ」と
感じ入ってしまう。
わざとらしくなくて、でもピリっと効いていて、ほんと「上手い」。

そういえば、「あっちゃん」と「コーヘー」が住む部屋が「お墓ビュー」だったり、
桜並木で花見をするシーンがあったりするので、「もしや・・」と思っていましたが、
『根津神社』の鳥居を見て、やっぱり『谷中』なのだと確信しました。
親近感が湧いて、ますますお気に入りになりました。
[PR]
by simo_kuri | 2010-07-03 10:46 | 読む