ぐるりのいずみ

gurumpa.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

清里ドライブ③

清泉寮から、動物とふれあえる場所を求めて、カーナビを近くの牧場に合わせました。
車を走らせることしばし。

農作業のトラクターばかりを見かける畑の中の道を進んでいくと、『八ヶ岳牧場』の文字。

a0155452_101242.jpg


でも、横には「立入禁止」の看板が。
どうやら着いたところは、観光用ではなく、ほんとに「牧場」の入り口だったようです。
ちょっとがっかり。

道の向かい側には、サイレージがごろごろと並ぶ牧草地が一面、見渡せます。

a0155452_15241.jpg


「いいサイレージはオレンジの香り・・・」
『動物のお医者さん』にそんなセリフがあったような。
あれは、サイロで作るサイレージでしたが。

a0155452_18144.jpg


動物には会えなかったけど、白と緑と青のコントラストに、Rと二人でしばらく見とれていまいた。


そろそろ帰りの時間が気になる時間になって来たのですが、それでも、「温泉には行こう!」
と決めて、再び車を走らせていると、今度は『まきば公園』という文字が目に入りました。

「もしかして、動物と触れあえるかも!」
行ってみると、今度は正解!

a0155452_123680.jpg


広ーいまきばに、牛や羊の姿が見えます。

駐車場に近い斜面にある放牧ゾーンには、ヒツジとヤギが放されていて、
誰でも入れるようになっていました。

a0155452_1251196.jpg


念願のヒツジなので、うきうきしながら中に入りましたが、中々にきつい角度。
運転するからだけど、スニーカー履いてきてよかった。

a0155452_1283476.jpga0155452_1285343.jpg


ただひたすらに、草を食む羊ズとヤギ氏。
少し近くに寄って見ると、草をかみちぎる「ブチッ」「ブチッ」という音が聞こえました。
結構ワイルドなのね。

さわりたい!と思ってさらに近づいてみましたが、羊さんはブチブチムシャムシャしながら、
やんわり逃げていきました。。

あまり思ったような「ふれあい」はありませんでしたが、それでも満足でした。
[PR]
by simo_kuri | 2010-09-29 01:37 | 遊ぶ

清里ドライブ②

お腹が満たされてところ、向かうは本命、『清泉寮』。

a0155452_305229.jpg


お昼ごはんを食べて間もなかったのですが、何はともあれ、まずはコレ。

a0155452_249173.jpg


やはりソフトクリームは、はずせない。
売り場に行列ができていたので、並ぶか迷ったのですが、食べて正解でした。
美味なり。

もっと早い時間なら、散策道を歩いたりしたかったのですが、すでに16時近く。
清泉寮の建物などをぐるっと見るだけにしました。
それでも、清泉寮から眺める牧場と山々の美しいこと!

a0155452_2573340.jpg


広がるパノラマに思わずため息です。
渋滞を乗り越えてきたかいがあったというものよ。

a0155452_335696.jpga0155452_341628.jpg


でも、清泉寮には、ヒツジとかウシとかがたくさんいるものだと、Rと二人して
想像していたのですが、さっぱり動物は見かけない。

a0155452_324799.jpga0155452_33485.jpg


唯一いたのは、ソフトクリーム売り場の脇で飼われていたウサギ。
「でも、なぜここで?」

ちなみに、左の写真の銅像は、清泉寮の創始者のポール・ラッシュさん。

景色もソフトクリームも満足ですが、やはりもっと動物が見たい。
そこで、清泉寮から近くの牧場を探すことにしました。
[PR]
by simo_kuri | 2010-09-17 03:14 | 遊ぶ

清里ドライブ①

夏の名残りを惜しんで、友人Rとドライブに行ってきました。

行き先は、山梨県は清里!
何となく、山とか緑を見に行きたかったくて。

お互い仕事がぎうぎうしているので、出発は10時と遅め。
「渋滞するだろうなぁ」と思っていた通り、首都高と中央道としっかりぎっちり渋滞にハマリ、
長坂のICを降りたは、14時頃でした(@_@;)

お昼も食べずに車を走らせて来たので、お腹はペコペコ。
まずは腹ごしらえから、ということで、出発前に目をつけていた『engawa cafe』へ向かいました。

a0155452_2144858.jpg


看板の横は、この日の相棒 PASSOくん。

a0155452_2171153.jpg


駐車場から入口に向かう小道の横におかれた小さな椅子とWelcomeの文字に
期待が膨らみます。

a0155452_220889.jpg


『engawa cafe』さんは、広い前庭を持つ古民家を改装したカフェ。
ご夫婦二人で切り盛りしていらしゃいます。
前庭に入ると、お店の名前にもなっている、縁側がまず目に入ります。
おじいちゃん家に遊びに来たみたいな、懐かしい雰囲気。

そして、縁側の横に寝そべるやぎ一頭。

a0155452_2253990.jpg


名前は、はなちゃんというらしい。

a0155452_226226.jpg


首のストレッチだろうか?
とっても愛らしいのです。

お店に入ると、板張りに囲炉裏が切ってあったり、旧式の扇風機が回っていたり、
あちこちに古道具が置かれていて、のんびりとあったかい。

a0155452_2283687.jpga0155452_228527.jpg


腹ペコなので、席についたら、すぐオーダー。
八ヶ岳野菜のバーニャカウダと生ハムとルッコラのピザ。

a0155452_2321167.jpg


はじめに、バーニャカウダ。
シンプルだからこそ、野菜の味が楽しめる。
特に白瓜とオクラが美味しかったです。

a0155452_2345397.jpg


続いて、ピザ。
直径はそれほど大きくありませんが、生地がもちっとぱりっとしていて、食べ応えが
ありました。

元パティシエの旦那様が作るデザートも、とっても美味しそうでしたが(特にプリンとか!)、
この後、「清泉寮に行ってソフトクリームを食べる!」と固く決意していたので、
デザートはなし。

それでも美味しいピザでお腹も満たされ、優しい雰囲気に、渋滞で疲れた心もほっこり。

お店を出て、前庭から辺りに眼を向けると、きれいに広がる田んぼ。

a0155452_2463347.jpg


少し色づき始めた稲穂が、太陽の陽に映えて美しい。
しみじみと見入ってしまいました。

ちょくちょく来れるところではないですが、また来たい、と思わせる場所でした。
そして、できれば、次回は縁側で。
[PR]
by simo_kuri | 2010-09-16 02:50 | 遊ぶ

すいかわりあめぴょん

今日は、警報がでるほどの悪天候。
でも、どしゃ降りは勘弁してほしいけど、これで少しは残暑が和らぐかしら。

さて、すっかり、記事にするのを忘れていました^^;
月に一度の『あめ細工 吉原』さんの訪問、8月は久しぶりに会った友人NとHを連れて行きました。

NとHが何を作ってもらうか、悩んでいる間に、私は早々とあめぴょんをオーダー。

a0155452_1163371.jpg


夏といえば、すいか! ということで、すいかわりしているあめぴょん。

「すいかは、どうするんだろう?」と思っていたら、足にくっついていました。

こんなに足元にあるのに、目隠しとって、何ズルしてるんだ、あめぴょん!

思うに、あめぴょんの良さって、ちょっとワルイところにあるのだろう。
優等生じゃない所に味がある。

a0155452_1204044.jpga0155452_121193.jpg


後ろ姿は、どことなく「白虎隊」。
そして、すいかは、蔓がクルンとしてる芸の細かさ。

こういうところが、プロの技だなぁ。

散々迷って、「子どものために恐竜を作ってもらう!」と言っていた、友人Nは、
私がオーダーしたあめぴょんの出来上がりを見て、「やっぱりあめぴょんにする」と方向転換。

「子どもは、今度連れてくるからいい」と言っていたけど、確かに、あめ細工はお土産もいいけど、
できるなら、作っているところを見せたいよね。

思っていた以上に、NとHが喜んでくれたので、あめ細工を普及させたい私としては、
うれしい限りでした。

また、今度は違う友だちを連れて、遊びに行きたいなぁ。
[PR]
by simo_kuri | 2010-09-09 01:37 | 買う