ぐるりのいずみ

gurumpa.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

新春浅草歌舞伎 @浅草公会堂

最近、歌舞伎づいています。

今日は浅草公会堂で『新春浅草歌舞伎』を観てきました。
第一部の演目『三人吉三』が見たくて。

開演が11時だったので、ちょっと早めに浅草に着いて浅草寺へ。
上演中の虫やしないを仲見世で買うつもりなのです。

a0155452_2316321.jpg


あぁー、わかっちゃいたけど、わやだわー。
休日の浅草寺には覚悟が必要だわー。

a0155452_23212036.jpga0155452_2320326.jpg


人混みは苦手なので、ずんずか進んでお目当てのものを手に入れて、早々に退散することにしました。

a0155452_23342231.jpg


欲しかったのは、人形焼き。
仲見世に数多くある人形焼き屋さんの中でも、この亀屋さんの人形焼きが好きです。

a0155452_23352159.jpga0155452_23353030.jpg


職人さんが手焼きしている様子を見るのが楽しくて、来るたびにじぃっと見入ってしまいます。
下手すると20分でも30分でも・・・
今日はさすがに、寒いし、歌舞伎もあるので、そこまではいませんでしたが。

さて、今日のメインの歌舞伎です。

a0155452_231409.jpga0155452_23141580.jpg


「こいつぁ、春から縁起がええわぇ」の台詞で知られる『三人吉三巴白波』は、
同じ「吉三」の名を持つ3人の白波=盗人のお話。
今回は、七之助が「お嬢吉三」を、亀治郎が「お坊吉三」を、愛之助が「和尚吉三」を演じます。

話の筋は、何となくしか知らなかったのですが、笑いも涙もあれば、立ち回りもあり、
見どころ満載の演目でした。
途中から、三人の吉三の因縁が複雑に絡み合って、何が何やら?? になる辺り、実に歌舞伎的。

お嬢吉三は女装の美青年という設定ですが、これも、歌舞伎の女形ならではの魅力のある役どころですよね。
義兄弟の契りを交わした、お嬢、お坊、和尚ですが、お嬢とお坊がだんだんと恋人みたいに
見えてくるもの面白い。
「巣鴨吉祥院本堂の場」で、再会したお嬢とお坊が、手に手をとって涙流したり、死ぬ覚悟で
二人揃って遺書(?)を書いたり、まるで心中物みたいな雰囲気です。
そういえば、大詰の「本郷火の見櫓の場」は一面の雪ですし、まさに「道行き」ですね。

んんー、「歌舞伎のオモシロイトコ、全部やっちゃえ!」みたいな盛り沢山な演目なのねー。
さすが、河竹黙阿弥作。

そうそう、和尚吉三を演じた愛之助さん、二日前までインフルエンザで休演していたそうです。
病み上がりだというのに、力強く、兄貴肌の和尚を好演していらっしゃいました。
そりゃあ、お嬢もお坊も、「アニキ、ついて行きます!」てなるよね、と納得。
演技もさることながら、ぎゅっと引き締まって、美しい筋肉のついたふくらはぎにも
目を奪われました。
歌舞伎役者さんって、女形でも立役でもすごく筋力が要るものだと知ってはいますが、
まるでアスリートのような足でした。ステキ。

もう一つの演目は、「独楽」。
独楽売りを題材にして、亀治郎さんが「独楽売り萬作」に扮し見せる舞踊。
独楽の由来を語り、曲芸を披露して、最後には、自分自身が独楽となっていきます。

20分ほどの舞踊ですが、「菅原伝授手習鑑」の振りも織り混ぜて、色々に変化していく
軽やかで、楽しい舞でした。

終演は14時。
歌舞伎の舞台は、客席でものを食べてもOKなので、幕間にお弁当(まさに幕の内!)を
食べるのが楽しみだったりしますが、今日はどうしてもおそばが食べたかったので、
幕間は人形焼きでガマンしていました。
なので、ぐぅとなるお腹を抱えて、おそばやさんへ。

a0155452_0402334.jpg


浅草でおそばというと「並木藪蕎麦」かもしれませんが、私にとっては「おざわ」さんです。
30席弱の小さなおそば屋さんですが、おそばもつまみも「うまい!」のです。

a0155452_0443014.jpg


日本酒メニューも豊富なんですが、今回はベルギービールのマレッツ・ブラウン♪
クセが強いかと思いきや、意外に軽やかで旨い!

アテはくるみ味噌。
ごまも入っていて、香ばしい。

a0155452_0515032.jpga0155452_05246.jpg


そして、ざるそば。
出汁のきいた辛めのそばつゆに、コシのある細めのおそば。

歌舞伎見て、まだ明るいうちからおそばやさんで一杯飲んで、おそば食べて・・
なーんてぜいたくでシアワセなんだ。

帰り道は、ほろ酔い気分と充実感でごきげんでした。
こんな休日、たまにでよいからまたしたいなぁ。
[PR]
by simo_kuri | 2011-01-16 23:22 | 見る

クルミごはん

去年、岩手の道の駅で買ってきたオニグルミで、あこがれのくるみごはんを作りました。

五十嵐大介さんの『リトル・フォレスト』で、いち子ちゃんが作るくるみごはんが美味しそうで、
ずっと作ってみたいと思っていたのです。

a0155452_0161960.jpg


でも、ローストされた洋くるみはあっても、殻付きのくるみはあんまり売ってないし、
あこがれは募る一方・・

で、今回念願のオニグルミお手に入れて、ようやく実現しました。

a0155452_23524659.jpg


これが、オニグルミ。
よく知られている洋くるみよりも、一回りほど小さく、頭がとんがっています。

作り方は、くるみをすりつぶして、しょう油とお酒と一緒に米を炊くというカンタンなもの。
ですが・・、すりつぶすまでが大変。

オニグルミはとーっても固い。
よくあるクルミ割り器や、ペンチでも、なかなか割れない(らしい)。
いち子ちゃんは、タオルにくるんでトンカチで割ってましたが、ウチにはトンカチがないので、
割り方をネットで検索してみました。

すると、専用のくるみ割り器(ペンチとスプーンが混じったようなの)を使うか、
殻ごと炒って、割れ目ができた所に、包丁の刃をいれてひねる方法がある、とのこと。

炒ってから割る方法でやってみることにしました。

a0155452_04739.jpg


フライパンで炒っていくと

a0155452_044794.jpg


ぴっちり閉じていた殻の割れ目が少し広がります。
この割れ目に、包丁の刃(先の方じゃなくて、腹の辺りがよいみたい)を入れて、横にひねると、

a0155452_06058.jpga0155452_08024.jpg


パカンと割れます。
おぉっ、これは結構面白い。力もそんなに要らないし。

ただ、中には割れ目ができない実もあって、それは、どうやっても割ることができない・・
無理やり包丁の刃を入れこもうとしたけど、歯が立たず。
包丁の方が欠けてしまいそうだったので、割れ目ができないものは諦めました。
これは別途、トンカチかなぁ。

割れたら、あとは実をほじくり出します。
実と殻が複雑な形をしているので、綺麗に取れないなくて、実がボロボロになってしまうけど、
この後すりつぶすのだから、問題なし。

a0155452_0142450.jpg


炊く前は、こんな様子。
うーん、あまり美味しそうには見えない。
でも、炊き始めると、くるみの香ばしい匂いが、ぷーんと漂ってくる。

炊きあがり。

a0155452_0233240.jpg


見た目は地味ですが、くるみの香りとふんわりかすかに甘くてコクがある。

a0155452_0241645.jpg


一口、二口と食べすすめる毎に、味わい深さが増して、これはクセになる味だ。

殻をむくのは大変だけど、オニグルミ、また手に入れて作ってみたいな。
[PR]
by simo_kuri | 2011-01-14 00:27 | 作る

麒麟 & 鏡餅あめぴょん & シンデレラ

あめ細工 吉原』に、年始のご挨拶に行ってきました。

去年のうちに、吉原さんと妹子さんの二人に年明けに作ってほしいお題を伝えていたので、
その受け取りなのです。

吉原さんにお願いしていたのは、『麒麟』。
お正月なので、瑞雲たなびくようなおめでたいもので、普段作らなそうなもの、ということで。

a0155452_23131930.jpg


おぉっ、ゴージャス!
ふさふさした毛の感じをどうやって出すのかなぁと思っていたんですが、こう来たか。

この雰囲気、メリーゴーランドの馬っぽい感じもします。
ちょうど棒も付いているから、数を増やして、あめ細工のメリーゴーランド作ったら、
楽しそうだなぁ。

それから、麒麟を作ってもらいながら、急に思いついて、あめぴょんも作ってもらいました。

a0155452_2332919.jpg


鏡餅のあめぴょんです。
作成途中のあめぴょんって、白いし、つるんとなめらかだし、丸っこいし、おもちっぽいなぁ、
とは思っていたんですよね。
案の定、何の違和感もない・・・。

吉原さんに、「お正月用のメニューに入れればよかった」と言ってもらったので、
来年のメニューに採用されたらよいなぁと思っております。


さて、妹子さんにお願いしていた方が、実は結構な難題でして。
妹子さんが、ブログでお姫様シリーズを作っているのを見て、
おとぎ話のあめ細工を作ってもらいたいな、と考えていたのです。

そこで、まずは第一弾ということで、『シンデレラ』。
おとぎ話の筆頭とも言える作品ですが、あめ細工で表現するとなると、これが大変。

シンデレラと言えば、ガラスの靴だけど、ドレス姿だと、靴が見えなくて、
ただのお姫様になってしまう。
そもそも、あめ細工って練るので白くなってしまって、ガラスみたいにならない。
カボチャの馬車も有名だけど、それだと置物みたいになってしまう・・・。

お題を伝えてから、妹子さん、かなり悩んでいる様子でしたが、出来上がりはこれ!!

a0155452_01012.jpg


見事にシンデレラ!
気品漂う感じで、美しい!
想像以上の大作で、うれしいびっくりです。

ちょっと写真だと見えづらいのですが、練る前の透明な飴を使って、ガラスの靴を表現してます。
わざわざ、ガラスの靴用の飴を取っておいてくれたとか。

a0155452_083142.jpga0155452_084643.jpg


表情や首から胸の辺りの表現、ドレスのふわっとしたラインなど、随所に妹子さんらしい
ディティールへのこだわりが見えます。
素晴らしい!!

もう一つ、ガラスの靴を持ったあめぴょんも作ってくれました。

a0155452_0214979.jpg


かしこまってるあめぴょんがかわいらしい。
こうやってみると、ガラスの靴も、細かく作り込んでいるのがわかります。

シンデレラとあめぴょんと並べてみると、こんな。

a0155452_0243529.jpg


シンデレラがいかに力作か、並べるとよくわかる。
通常サイズのあめぴょんの2倍、20cm位あるんです。
(「大きすぎるんじゃない?」と心配してたらしい・・)

「細工物」というよりは、「アート」に近いですね。

軽い気持ちでお題を出したのですが、時間も掛けて素敵な作品を作ってもらって、
申し訳ないやら、ありがたいやら。

でも、味をしめたので、次のおとぎ話シリーズのお題を目下考え中です。

今年も『吉原』さんには、たくさんお世話になりそうです。
[PR]
by simo_kuri | 2011-01-12 00:40 | 買う

博物館に初もうで @東京国立博物館

今年の初もうでは、東博でした。

a0155452_0312532.jpg


東京国立博物館』で、1月2日~27日まで開催している新春企画。
今年の干支の「うさぎ」をモチーフにした作品が展示されていたり、
三が日には、獅子舞や和太鼓の演奏があったりと、なかなか盛り沢山の企画なのです。

本館もリニューアルしたことだし、行きたいなぁと思っていたので、2日に母と二人で詣でてきました。
父も誘ったのですが、箱根駅伝に夢中でテレビの前から動こうとしないので、お留守番を頼みました。

着いたのは11時前でしたが、結構な人出。
チケット売り場に長い列ができていました。入るまでに20分くらいかかりました・・。
自分も来ておいて何ですが、「お正月からこんなに博物館に来る人がいるのねー」と感心。
ちょうど和太鼓の演奏をやっている時だったのですが、並んでいる間に終わってしまいました。

a0155452_0275958.jpg


まぁ、音は聞こえていたのでよしとしよう。

館内も、大きないけばなが飾ってあったり、普段は開いていない応接室が見れるようになっていたり、
普段と違う雰囲気。

a0155452_0255453.jpga0155452_026597.jpg


そして、うさぎモチーフの作品たち。

a0155452_0313095.jpga0155452_0314280.jpg


「いや、それ、耳長すぎだろう」と突っ込んでしまった右の写真は、「水滴」。
書道の時に、水を入れておく入れ物です。
背中と口に穴が空いていて、背中から水を入れて、口から出るようになっている。

a0155452_0382899.jpga0155452_0383956.jpg


これは江戸時代の兜らしいけど、戦国~江戸時代の鎧兜のデザインは、モダンアートしてる。

うさぎ以外の展示品も、お正月らしい華やかなものが多かったです。

a0155452_0594798.jpga0155452_10016.jpg


貝合わせと犬張り子。
来るたびに思うのだけど、ほんとに東博の収蔵品の豊富さは素晴らしい。
書画とか彫刻といった、いわゆる美術品だけじゃなくて、着物とか根付のような日用品もあって、
人の暮らしが見える所がよいのだよね。


そして、本館リニューアル記念で特別公開されていたのがこれ。
もう、こういうのをサラリと展示できちゃう東博がすごい。

a0155452_0454597.jpga0155452_0455811.jpg


言わずと知れた「風神雷神図」。これは、尾形光琳の作。
光琳も、風神雷神も好きですが、やっぱり私は俵谷宗達の方が好きだなぁ。
どこがどうとは言えないのだけど。

数年前に出光美術館で、宗達と光琳と抱一の3つの「風神雷神図」が揃ったのを見に行ったのを
思い出しました。
また、やってくれないだろうか。


外に出てみると、今度は獅子舞のまっ最中。

a0155452_1124029.jpg


人垣で近くでは見えなかったので、遠くからお獅子を眺めました。

午後には家に姉夫婦が甥っ子を連れて来る予定になっていたので、あまり長居はできませんでしたが、
すてきな初もうででした。

a0155452_1181296.jpg

[PR]
by simo_kuri | 2011-01-10 00:57 | 見る

仕事初め

今日は2011年の仕事初め。

去年いっぱいで2年半携わっていたプロジェクトを離れて、今年から新しいプロジェクトに
入ることになりました。
今まで関わったことのない業種のお客さんなので、正直、不安なのですが、ステップアップの
チャンスだと思って頑張ってみようかと思っています。

今年のテーマは『歩』。
ここ数年、自分の生活にあまり大きな変化がなく、良く言えば穏やかに、
悪く言えば変わり映えのしない暮らしをしている気がするので、今年は何か新しい一歩を
踏み出さなくてはいけないなぁ、と思っています。
ただ、あまり勢い込んで気負ってもいけないので、『走』でも『駆』でもなくて、『歩』。

少しずつでもいいから、一歩一歩、進んで行けたらなぁと思っています。
[PR]
by simo_kuri | 2011-01-05 00:05 | 学ぶ